ト レ ン デ ィ バ ザ ー ル 野 う さ ぎ 市






スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


ありがとう、春の野うさぎ市魅惑のサンバカーニバル篇! :: 2013/04/15(Mon)

春の野うさぎ市魅惑のサンバカーニバル篇!!


お越しいただいた皆様どうもありがとうございました。


さてさて、ちょっと出遅れましたが恒例の写真レポはじまりまーす!




ジャジャーーーーーン!!のっけから惜しげもない灼熱感で登場したサンバダンサーズに会場内はまたたく間にヒートアップ!ダンサーは saaya(from福岡)とマサシくん(ブラジル帰り)お客さんはもとより出店一同もこのときばかりは手を休めまばゆいふたりに総釘付け。マサシくんは熊本市内でワークショップも定期開催とのことでサンバやってみたいって方は是非→



strange fruits
男気と定評をたずさえた三角の無農薬柑橘店。甘夏を惜しげもなく手絞りしたフレッシュジュースに、ますます目覚ましき進化の一途をたどる妻ゆうこ氏の加工食品がずらりと並びました。



野菜処藤本
久々の登場です。荒尾で育てあげられた旬の野菜にそのまま噛んでもドライフルーツみたいに甘くこどものおやつに最適という自家製切り干し大根など、もちろんすべて無農薬。ほうれん草もシャキッと甘く生でいけるおいしさです。



クルンノウエン
てんこもりのしめじ(検査済み)60個いともあっさり完売。ピーターラビットが持っていそうな葉付き人参、堀りたてのタケノコなど。こちらもすべてが無農薬。醤油麦麹なる幻の万能調味料も限定数で。買えた人はラッキー。



くりかめ
初登場。くりかめことさおちゃんのタコライス。鮮やかなターメリックライスに豆腐とチキンのタコミート、チーズとコーンチップスに特製サルサソースを添えて。主催ソノダの同居人でもあり、恋人募集中。



ソノダノア
頭が被せものみたいなって新登場。前回の初売りで好評を得たトゥパの耳飾り、バージョンアップの第二弾を発表。イヤリングやブローチなどにその場で改造するオプションも用意、リピーターが続出中。購入するともれなく変な寓話の小冊子が同封されるんだとか。



もくれんの店
もくれん(4)による手縫いブローチと絵はがきとおばけのしおり。ブローチには自身がチェンマイでセレクトしてきたポンポンが新たにあしらわれていた。店番は楽しいらしく、お買い上げの品を紙袋にいれてテープでとめる際に真剣になりすぎて半開きの口から舌がちょっと出ている。



インビリバー
女のすきそうなものをコンセプトにまさに女の好きそうなものをつくってきたが、作家活動の継続に苦悩の色をあらわにするのい氏(5)「だいたい縫い物なんて女のするしごとなんだよ。」今後の展望をそっと見守りたいところです。



きゅうり草
春色の麦わら帽子にワンピース、草木染め小物、甘酒甜麺醤、鉄火味噌、海苔の佃煮の瓶詰めなど多様なラインナップ。お隣ファンシー喫茶で販売されている珈琲の肴、一口ブラウニーの影武者でもある。野うさぎ市の潤滑剤的存在。



ファンシー喫茶・不自然
さわやかないちごソーダにまろやかないちごミルクがラインナップイン。ちょっと写真アレな感じに撮れちゃったんだけど...然氏に見せるも「べつにいいんじゃない」とのことだったでこのまま掲載。珈琲はとてもおいしい。



かるかや
初登場。熊本県産の木材を使ったアクセサリーや自家製ひょうたんが!実はこのつるりとしたひょうたん筒ができるまでにはわりとシリアスに臭いプロセスを経なければならないことを筆者は密かに知っています。どこでもハンモックが吊るせる独立型ハンモックスタンドの別注も。



ARCOIRIS
初登場。ノマド感漂う真鍮や石や銀のアクセサリー。外国人客にサラッと英語接客しているシーンを目撃。野うさぎ市に旅のかおりがふっとよぎるのでした。



明八橋食品
ふつうのそうざいとのことですがちょっとふつうじゃないおいしさ。レバー煮込みや鶏ハムに胡瓜のたたきあえなど惣菜の単品小売り。パール柑と山椒のサラダのエレガントでみずみずしいおいしさがとりわけ場内で話題をよんでいました。



AYASUMAI
福岡より初登場。存在そのものが作品っぽいファンキーなカップルユニット、むい&さあや。コラージュのポストカードやポスター、Tシャツなどなどがカラフルに並んだ。さあやはお熱いサンバで巷を騒がしたカーニバル娘のsaayaでもあるのです。



山ねこや
初登場。はなちゃんの縫い物(バッグや着物のリメイクスカートなど)とデイヴィッドの竹のカトラリー。デイヴィッドは“生意気”というデザインユニットで活動するかたわら音楽家としても活躍。しかし本業は絵描きであり今後は看板描きとしての出店も計画中。そしてはなちゃん、実はファンシー喫茶でおなじみの然の妹でもあります。



chez zou
噂のキッシュ屋に待望の新メニュー!チーズタルトが加わっておいしさダブルアップ。元ホテルシェフのキャリアを持つ祐三氏によってフランス王道系の洗練された風味が気の置ける素材で再現される贅沢さ。野うさぎ市でだけのお楽しみですよ。



ヨネ
イラストと似顔絵的なもの(似ないそうです)以前絶賛を奏した「あいうえお表」がポストカードサイズになって再登場。突如降臨したかわいいパートナーアヤちゃん(うさぎ中の人)のイラストもよりそって並びました。いつもに増してほっくりした雰囲気のヨネくんコーナーです。



しそにぬ by nelco
南関ロックフェスはるかぜという大旋風が記憶に新しいnelcoのおふたり。木のおもちゃやカトラリー、はるかぜてぬぐいに描きたてほやほやヤバイラストTシャツに、にぼしのオイルサーディンやニューエイジたけのこなるなんだかよくわからないけど超うまい!なおかず瓶詰めなどなど。“しそにぬ”とは彼らのやっているちょっと変わったお店の名前です。



アウロラ
初登場!30食限定ヴィーガンラーメン博多風あれよあれよと完売に。前日に発表された大豆肉の唐揚げ野菜タルタル添えなるメニューも。思えばかれこれ一年半くらい前にいつか野うさぎ市でラーメンの出店をとお話をしておりやっとやっとの実現です。



けいこく舎
なつかしのこっくりさんスタイルで導かれるままに手書きのお告げ紙と謎のバッチがスッ...と手渡されるなにからなにまで不思議な店。お告げ紙には脈絡ないながらにもどこかひっかかる宿命めいたガイダンスが。



わさんたらんか
おなじみの人気店本格派スリランカカレーの店。時折妻ふみの「わさんたーーーーーーーー!」と夫を持ち場に呼び戻す声が会場内に響きわたります。玉ねぎとトマトで鶏肉を焦がし煮た待望の南米料理モーレも登場。



MAGARI美容院
初登場。都内某サロンでキャリアを積んだのち現在はフリーダムに髪を切り歩く青空美容師。技術とセンスと丁寧さを兼ね備え、野うさぎ界隈のヘアカットを一同に担っている。



流し屋いちこじ
久しぶりのソロ出店だと思ったらものすごいオプションを用意してきました。舞台女優時代に培った演技力を活かしてシチュエーションマッサージなるものに挑戦。ノーマル・愛人・幼妻・おませな妹・亭主関白・鬼のスーパーラインナップから選べる新感覚マッサージアトラクション。写真は鬼バージョン。鬼「内蔵が冷えておるな」



キクモトノゾミ
季節ごとに旬な色が登場する刺繍糸の花ヘアピンはお手頃価格でリピーター多し。シンプルなのに可憐な存在感。はっとする色のバリエーションについ何個も欲しくなってしまいます。



料理研究舎リンネ
南阿蘇在住の菜食フードユニット。余分をそぎおとした洗練性が風味から造形にいたるまでしんと行き渡り、米粉のお菓子も充実。ごはんものメニューはベジタコスに筍ごはんのおにぎり。看板になっているサトコさんの描かれる絵もすてきで、ひょっとすると近日そちらのほうもお目見えするかもしれません。



daitie
根強い人気を誇るベイカリー。今回並んだ品目のバリエーションは過去最多だとか。クリームチーズとオレンジのベーグルサンド、ラムバナナスコーンにチャイスノーボール、チョコミントクッキーなどなどなど。遊び心はずむ素材合わせに見え隠れするすっと通った芯。まるでみきちゃんのような味。



はな
こどもたちの聖地、買い食いのメッカ。100円玉握りしめて行けばおやつが何種類か買えてしまう自然派駄菓子店はな。今回赤紫蘇であざやかなピンクに色づけされたラムネが新登場。鼻の高い立体顔面クッキーなどおとなを喜ばすエレメントも健在。



まゆみベジ食堂
野うさぎ市のために旅先の京都から飛んできてふたたび京都に舞い戻っていった怒濤の旅料理人まゆみさん。出店のメニューはだいたいその日のお楽しみ。この日は朝積みよもぎの揚げたてアツアツのてんぷらのっかった春のデトックス丼でした。「よもぎ摘んでいたらこんな時間」とのことで今回も開場に間に合わず。ね、まゆみさん。



KENGOMA
ジャンベやカリンバや鳥笛など自然素材と廃材をあわせてつくられたプリミティブな世界観漂う楽器とアクセサリー。今回は首からかけられる小さなカリンバ、その名も“コリンバ”が新登場。こどもに触れさせるはじめての楽器として人気を集めていました。



宇宙大使☆スターのカメラオブスキュラ
初登場。カメラの基礎原理を仕掛けに「カメラの中に入る」ことが体験できるカメラオブスキュラハウスが出現。竹でカメラオブスキュラを作るワークショップも同時開催。不思議体験を求める老若男女で終始にぎわい通しでした。



後半、saayaのソロでサンバショー再び。ショーの後にサプライズワークショップまでやってくれました。どんどん巻き込むsaayaに照れるこどもにはりきる大人。



サンバの陽気に満ち満ちた春の野うさぎ市、お楽しみいただけたでしょうか。



次回野うさぎ市の開催は5月26日(日)です。

場所はおなじみ早川倉庫にて。


詳細は追って公開、どうぞお楽しみに!





  
スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。